女性がドライバー職に就く際の注意点

産休や育休の取得率が高い会社を選ぼう

女性が運送会社でドライバー職に就く際には、将来に向けて不安なくキャリアアップを図るために、長期の休暇を取得しやすい会社を就職先に選ぶことが大切です。特に、産休や育休の取得率については、女性が会社選びをする際に大事なポイントとなります。そこで、早いうちから運送業界で評判が良い会社の求人サイトや求人票などを参考にして、女性が働きやすい環境が整っているかどうかチェックすることがおすすめです。また、長距離ドライバーとして就職をする際には、勤務先によって拘束時間が長くなったり、思うように休暇を取ることが難しくなったりすることがあります。こうしたトラブルを回避するために、ドライバーの労務管理がきちんと行われている会社を選びましょう。

体力面での負担が少ない仕事がおすすめ

女性ドライバーの積極採用を行っている運送会社は全国的に増加傾向が見られますが、体力的な負担により、結婚や出産を機に離職を決意する人も少なくありません。例えば、運送会社のセールスドライバーなどの職種は、運転だけでなく荷物の受け渡しを担当する機会が多くなるため、就職前に仕事上で必要な体力について、採用担当者にきちんと説明を受けることがおすすめです。ドライバーが不足している運送会社においては、子育て中の女性のドライバーが働きやすくなるように、フルタイム以外にパートタイムの勤務を認めているところも珍しくありません。そのため、体力面で不安がある人には、まずは短時間勤務のドライバーとしてから働き始めるのも良いでしょう。

運送業の求人情報はわりと多いです。探す方法は求人情報サイトに登録すると良いでしょう。希望する条件での仕事が見つかります。